Profile

 奥村 佑子(おくむら ゆうこ)

 

株式会社サウンドキッチン 代表取締役

KOSUGI CURRY代表/武蔵小杉カレーフェスティバル代表

料理研究家/フードエンターテイナー/

NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント理事/「中からのまちづくり」プランナー

 

 1981年東京都生まれ。神奈川県育ち。早稲田大学第一文学部卒業。

 中学生の頃から写真と文章に興味をもち、写真詩集などを多数作成。(※1)

大学在学中は学生映画監督として映画を制作。写真・映像作品などでいくつかの民間の賞を受賞。(※2)

大学卒業後はテレビ局関係のレコード会社にて7年間ドラマを中心にパッケージプロデューサー(100作品以上)を務め、28歳で独立起業。飲食業とエンターテインメントビジネスを結び付けたい想いから、2009年に、フードエンターテインメント会社株式会社サウンドキッチンを設立。

 2011年に会社の事業の一つとして対話式カレー屋「KOSUGI CURRY」を立ち上げ、“普通じゃない”仕掛けたっぷりのカレー屋としてさまざまな仕掛けを行っている。(※3)

 自店を含め、同じまちにあるさまざまなジャンルのお店がコラボレーションをしていくことで、常連さんという名のファンを結び付けていき、まちを活性化していくという有志の新しい商店街のようなコミュニティ「新丸子ゴールデンルートクラブ」を仲間と共に立ち上げ注目される。

 その精力的な活動からNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの理事に就任。2015年10月には「武蔵小杉カレーフェスティバル」を企画・運営し大成功させた。(1万5千人集客)

 2016年には2号店「アットマルカフェ」を”まちの案内所カフェ”というコンセプトでオープン。

「KOSUGI CURRY」はテレビ・雑誌にも多数取り上げられ(※4) あらゆる活動は、新聞や地元メディアから何度もインタビューを受けている。(※5) 2015年8月に電子書籍「ぼくは茶豆。カレー屋の犬。」を出版。

※1 高校生時:「こころのうた」 (自主製本)

  大学生時 写真集 2冊 写真展実施

 

※2 高校生時:「月刊カメラマン」カメラマン大賞

   大学生時:「月刊カメラマン」ジュニア部門金賞

       大学3年時:JCF学生映画祭入選・本選出場

※3 コスギカレーの仕掛け

 

■手作りの移動販売三輪車・台車での移動販売からスタート。「対話式カレー」という

 キャッチコピーでお客様と対話しながら創作カレーを生み出していくスタイル。

■店舗では100種類到達するまで毎週必ず新作カレーを作り出す。(現在150種類超え)

■50種類・100種類達成時には1か月間投票を行い、上位のカレーを食べ放題にするパーティーなどを行い集客。

■地元のイベントに多数出店(多摩川花火大会、溝の口ポレポレ祭り、こすぎ名物花見市、こすぎ舞祭、

 コスギフェスタ、新丸子路地裏マルシェ等)

■「新丸子ゴールデンルートクラブ」を立ち上げ地元をもりあげる。

■”武蔵小杉をカレーのまちにしたい”思いから「武蔵小杉カレーフェスティバル」を企画。

■個人店では難関とされる自社メニューの「レトルトカレー」化を実現。

 

※4メディア露出

 

【TV】

  TX「アド街ック天国 武蔵小杉」

  TVK「あっぱれKANAGAWA大行進」

【ラジオ

  かわさきFM「ジモティのムサコ」

  Fm yokohama「The Breeze」

  鎌倉FM「MCおんのおんしつ」

     かわさきFM「コスギスイッチON」

【雑誌・新聞】

  「田園都市レストラン」

  「田園都市生活」

  「TokyoWalker」

  「YokohamaWalker」

  「神奈川新聞」

  「武蔵小杉Walker」

  「武蔵小杉食本」

  「タウンニュース」

  「おいしいカレーの本」

  「ジモト飯」

  「るるぶ南武線」

【書籍】

  「カレーの本」(飯塚敦 氏著)

  「スマホで成功!売れる商品写真

    撮影講座」(久門易 氏著)

 

 

動画などさらに詳しくはこちらから

※5INTERVIEW

 

■「プラスケアプロジェクト」なかはらびと インタビュー 第1部 第2部

■「武蔵小杉ライフ」インタビュー

■「とくらく」インタビュー

■「つなぐっと川崎」ソーシャルビジネス事業者インタビュー

■「小杉MIND」インタビュー

 

※著書

 

タイトル

『ぼくは茶豆。カレー屋の犬。』

 

内容紹介

カレー屋の看板犬”茶豆”から見たこの世界のお話。
こどももおとなも楽しめる軽快だけど深いかもしれない20編の超短編集です。
挿絵もかわいい小さな小さな世界をぜひのぞいてみてください。
今日も茶豆はお店の奥で大好きなおきゃくさんが来るのを待ってます。

 

電子書籍です。スマホですぐ読めます。

こちらからどうぞ。

​※寄付付き書籍です!
 

【内容】 
01.ぼくは茶豆
02.ぼくはずっとちっちゃいよ
03.おつきさまとぼくの夢
04.パパ
05.似てるって楽しい
06.宝物
07.誕生日
08.プレゼント
09.こわいもの
10.警備犬
11.命がけの仕事
12.変なやつが時々くる
13.弟分
14.涙の味
15.いっぱいの写真
16.いじめるのは悲しい
17.人は急いでどこへいく
18.ちがう人生
19.トムは死んだの?
20.走り回る夢をみる

© 2016 Sound kitchen.Inc

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now